キャリア不足の人に効果的な職務経歴書とは?

契約社員、フリーター、ニードも応用がきく

前向きな姿勢で挑もう
職歴が3年未満の社会人の場合は、仕事での実績やアピールポイントがないのが普通です。まず、今までやってきた仕事を具体的に書きます。また、「自己PR」などを加えるとよいでしょう。企業が第二新卒や若い人に求めるのは、柔軟性のある人材です。仕事以外の実務経験の存在をアピールしましょう。
派遣社員やフリーターである場合、「なぜ、いま正社員志望なのか?」ということが採用担当者は気になります。「正社員でなければできない仕事がしたい」という、たとえば、管理や企画などといったような業務につくため、という部分を書きましょう。
フリーターやニードのような社会人としての実務経験が少ない場合は、学生時代の活動経験やボランティア、スクールに通ったなどを積極的に盛り込みましょう。その際、何を学んだかを明確に表現すると評価が得られるでしょう。

ハローワーク転職

コメントを残す