転職活動の進め方

転職活動は基本的に勤務時間外に行うこと
円満に退職するためにも在職中の転職活動には細心の注意を触れましたが、転職活動は在職中にする場合と、会社を退職した後に動き始める場合があります。退職後の転職活動は周囲に迷惑をかけませんが、在職中の転職活動は注意しないと仕事に支障をきたしてしまいます。在職中に転職活動をする場合は、円満退職をするためにも、会社に気づかれないよう上手に立ち回らなければなりません。
「転職活動は休暇中に」が基本
転職活動は、基本的には勤務時間外に行うべきものです。平目なら昼休みやアフター・ファイブの時間をあてます。面接を受けに行く時は休暇をとって時間をつくります。勤務時間中に抜け出して行くのはバレる危険性が大きいうえ、会社に対する背信行為です。何社も受けて、有給休暇の残りが心配な場合は、午後出や早退といった半休を組み合わせましょう。また、応募先に事情を話して面接目や時間の都合をつけてもらいましょう。
会社を知らすして応募することなかれ
インターネットの転職サイトや正社員求人情報誌を見て、気になるという会社を見つけたら、さっそくその会社のことを調べましょう。採用試験を受ける会社がどんな会社なのか知らないまま面接に臨かのは非常識ですし、無謀です。メーカーならば何をつくっていて商品の特徴はどんなところにあるか、シェアはどのくらいか、工場はどこにいくつあるかなどを、販売会社ならどんな商品を扱っていて何か売れているか、支店や営業所はとこにあるか、売上高はどれくらいか、などの事業内容や会社の概要を知っておかなければなりません。会社の内容を知らない人が、「なぜ、その会社を選んだか?」という問いにまともに答えられるはずがありません。ホームページや会社案内、会社四予報や会社年鑑に載っているデータは、会社の概要をよく表しているので調べましょう。応募しようと思う会社の概要は、何としても調べておくべきです。

正社員求人を探す方法