キャリア不足でも通る履歴書の書き方

アルバイトやボランティアの経験をきちんと書こう

3つの難問をどう克服するか
第二新卒の人など、キャリアがない人の問題点は3つあります。
①キャリア不足
②定着性の問題
③社会人としての基本をどれだけ身につけているか、
それらが採用者側に懸念される問題点です。
応募者は、その点について応募書類のなかでしっかり答えなければなりません。
入社1~2年いわゆる第二新卒で、キャリアがぼとんどない場合、履歴書だけではキャリア不足を跳ね返すぼどの意欲を表現するには限界があります。だから、職務経歴書の力を借りることになりますが、履歴書にもどんな仕事をしてきたかを詳しく述べておくことが必要です。
また、職歴ではないけれども、応募業種に少しでも関連するアルバイトやボランティアの経験があるならば書いておくと、素養はあると評価されます。